-

自動車重量税、別称重量税というものは国産メーカーの車でもアメ車という車の生産している国やエコカー、ワゴン車など車の形も例外なく例えば、ホンダやクライスラー、等でも負担義務を課せられているものなんです。新車登録の時もしくは定期車検の時に納税が必要な税になります。この金額はクルマの車重で定められています。「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は完全に異なるものですのでしっかり理解して混同しないようにしてください。「自動車重量税というものはクルマの重量により」「自動車税というものは自動車の総排気量毎に」税額が違います。また買取する時の対応も変わってきますし、注意しましょう。車を手放すときには支払い済みの車の金額がどれだけ残っていても、その金額が還付されることはないです。一方で、自動車税でしたら、既に納めた金額を買取金額に足してくれるという場合がなくはないですが、重量税に関しては上乗せになるようなことはほとんどありません。重量税の場合は、すでに既に支払った額があるとはいえ車の店の方でその事実が材料になる場合はまずないと思います。そのため次回の支払い分かりやすく言えば車検まで待った上で売るという手法が最も良いでしょう。中古車引き取りの時は考慮していただけない重量税ですが、一定の条件の場合だと戻ってくることがあります。というのは次の車検までの期間が残存している廃車として処理する時です。というのは抹消登録をした場合、残っている期間に応じて重量税が返金されます。ただ自動車買い取りの時はその自動車が廃車になるのとは違うので戻ってきません。さらに売却する車の名義を変更してしまった際や、盗難された時なども返金してもらうことは不可能です。自動車重量税の残っている期間がある車を売却するということは、つまり車検が残っているクルマということと同じです。その辺りを業者も忖度しますので自動車重量税の残存期間があればそれなりに売却額があがるでしょう。勿論売却額は業者によってまちまちなのですが車検期間が残っていることを計算に入れてもらえば手放す車の売却額からみるとそこまで損をするということもありません。