-

クルマを買い取ってもらうとき、また中古車の売却のさいも印鑑証明書が必要です。この印鑑証明に関して説明しましょう。印鑑証明という書類は実印として認められていることを実証する公式な書類です。この印鑑証明がなければ、使っている印鑑が実印で間違いないかどうかが実証できません。個人にとっては相当高額な取引になる愛車の売却ですから実印が必要になりますが、それと一緒に印鑑証明という書類が登場します。印鑑証明を実際に発行するにはその前に印鑑証明の手続きをすることが必要です。印鑑証明書に登録する印は通称、実印と呼ばれ唯一無二のはんこであることが必須です。この印鑑を持って役場の担当部署へ出向けば印鑑登録の手続きができます。印鑑登録の手続きをすれば、印鑑登録カードというものがもらえて登録が完了した印鑑は実印になったということになります。印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を交付してもらうには市役所などの案内係へ出向き、印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要項目を書き込んで印鑑登録カードを出す必要があります。他にも自動交付機でも印鑑証明の書類を発行してもらうことができます。印鑑証明には有効期限はありません。ですから、いつの印鑑証明であろうが証明書としての効力はあるということです。ただ中古車売却の時は必要となる印鑑証明は三ヶ月以内に発行された書類でなければ無効になります。通常は期限を定める必要はないですが、買い取り時には、買取先が期限を教えてくれるので、もしも買い取りの予定があるなら、買い取りが成立する前に手元に置いておくことが望ましいです。

Category

リンク