-

自賠責保険という保険は正式名称で自動車損害賠償責任保険、略すと自賠責保険と呼ぶ保険です。この自賠責保険は属に、強制保険とも呼ばれていて、自動車を決められた期間ごとの車検に出す場合は、決められた車検の期間に効果のある自賠責保険に入っている必要があります。簡単に言えば全てのクルマに加入が義務づけられている保険ということです。それではその車が自賠責保険に入ったまま売った場合はどうでしょうか。強制保険は車検の際に更新になる場合が少なからずあったりしますが、もしも自賠責保険に加入した自動車を売却した時は払った金額が戻ってくるということはあまりありません。というのは自賠責保険の効力を抹消して次のオーナーに移行することは手間がかかるのです。ですので強制保険(自賠責保険)というものは名義変更をして車と一緒に移すということが基本です。ただし、それと同等の価格を代金に乗せてくれるものです。強制保険(自賠責保険)は自動車税とは異なり支払った額を月々で割り算した金額が戻ってくるやり方ではなく、査定に乗せるという方法を利用するのが通常なのですが、こういった内容が見積もり表に掲載されるようなことは稀です。ですから買取のときは自賠責保険を考慮した額が売却額に含まれているかを確認してください。あなたが払った額がどのくらいの額かということを把握しておけば、損をすることはないです。それぞれの自賠責保険にかかる保険料については、契約期間により異なるので、注意しましょう。車の買取の場面では自賠責の名義を書き換えしなければなりません。もしも名義書き換えをしないままにしていたら保険業者から自賠責の満期お知らせが届いてしまいます。手放すか悩んでいる自動車がより正確に判断され損をせずに手放すことができることを応援させて頂きます。