-

車を持っているあなたはご存知だとは思いますが自動車税というものを支払う義務があります。それでこれはクルマ買取の際に一般に返還されるものなのです。これは実際に実行するとすぐ理解できますがそれでは頭から順番に出来るだけわかりやすく案内していきます。説明をしておけば、国産で作られている自動車のみが対象ではなくドイツ車などでも自動車税が還ってくる範囲になります。当然自動車も当てはまります。自動車税という税金は自動車のオーナーが支払わなければならない税ですが、この金額は車の排気量で決められています。1リッター以下のであれば29500円、1リッターから1.5リッターの場合34500円。その後は500cc毎に5000円増えていきます。そしてこの金額は4月1日の時点の保有者が、以後一年分の自動車税を納める義務となっています。ということは事前納付ということなので、もちろん自動車を買取してもらって所有権がなくなったケースでは先に払った分の金額は返還されるんですね。この自動車税というのは前払いで今年度の税金を納付するからその翌年3月までの間に車を手放した場合には新しい所有者がこの税を支払わなければいけないということになります。買い取った相手が中古車買い取り専門店でしたら、買い取り時に前払いしている分の金額を返してくれます。つまり、所有権が移った日以後の税は、新たなオーナーが納税義務を負います。自分が10月のうちにクルマを売った時は11月以降翌年3月までの税額は返金されます。というのは、前述の通り自動車税は先払いであるという決まりによるものです。まとめると売却者は売却相手に払いすぎた税金を返してもらうということになります。個人的に自動車を売買する場合、意外にこのような大切な知識に気付かない方が見受けられるため、きっちり確かめるようにすることです。自動車税が車を手放すと戻ってくるということをほとんど知っている人が少ない事を利用してその事実を悪用している買取業者も存在します。自分から税金について話を切り出さなければ、一切税金のことには触れないという場面もよく聞きます。ですから自動車の買取をする場合は払いすぎた税金が返ってくることの確認を怠らないようにしてください。

Category

リンク