-

初めての方向けのFXの教科書では、「損失を被ったケースではナンピン買いによってポジションの平均をコストを小さくする事が出来る」等と助言されていたりする事もありますが現実的にはここには大きな危険が潜んでいます。福井市 認定こども園

まず最初に、ナンピン買いの方法についてごく簡単に説明します。リプロスキン 体験談 嘘

ひとつの例として100円で1ドルを買ったとします。アライフ 動画

$買いなのでドル高に推移するほど黒字を得られますが、不幸にして1ドル=95円まで円高ドル安に推移したとします。多汗症 薬

この場面で保持し続けたとしたら、損失が戻るためには、損失分、ドル高が進まなければなりません。免許取得 期間

誰でも、損は早急にリカバリしたいと願うだろう。ゼロファクター 体験

この状況を変えるため最初にエントリーしたのと同額分の$を、95円で買い増しする。ゼロファクター 青髭

これで、ポジションの平均のコストは1ドル=97.50円まで下げることができますこの結果、半分の幅でドル高が進行すれば、赤字を失くせます。超簡単に痩せる方法

この流れがナンピン買いの理論です。ドクターセノビル アレルギー

このような、ナンピン買いの方法を知ると、「まちがいない」と考えるが、そう簡単には思うようにはいきません。バイタルアンサー

元々、1ドル=95円が下限だとということなど誰一人として分かりません。

仮定として、外国為替市場がかなり強い円高ドル安傾向だとすると、1ドル95円では下げ止まらずに、更に一段の円高ドル安が加速する危険性が高いです。

一例として、97.50円でナンピンをしたにもかかわらず95円までドル安になったらナンピン買いを入れたポジションも、差損が生じます。

こういう状況では最初に注文したドルと全部で、2倍の損を被ることになります。

例示したとおり、ナンピン買いは難しいです。

それなら、外国為替市場が脚本とは反対にどんどん向ってしまった場合、どの手段で危険の確率を軽減すればいいのでしょうか。

そういう時には選ぶべき術は2つあります。

まずひとつめは覚悟を決めて、損を確定する事です。

もうひとつの方法としては、今、自分が持っているポジションを少なくする事によってもう一回外国為替市場が戻るのをじっと待機する事だけです。

控えめなやり方だと考える方もいるでしょう。

だが、自分が所有している買いポジションに損が生じた場合、最も効果のある術はこれ以上のものは期待できない。

勿論、考え方としてはナンピン買いをする手法もあるように思えます。

しかしナンピンは、自分が損失を披っているのに、ポジションを整理するどころか、それとは逆にポジションを積んでいく対策です。

これでは、危険性を管理することなどどうやってもやりようがない察するべきです。

ナンピン買いを続ける事ができれば最終的には儲けが出るかもしれません。

だけど、そうなる先にお金はマイナスになってしまいます。

Category